2017年6月27日火曜日

小山冨士夫 種子島酒觴










径6.5cm  高さ4.2cm

久しぶりの小山先生の種子島です。

小さいながら、見た時にぐっと引かれる魅力がありました。

なかなか無いのです、こういうぐい呑。


ずっしりとしていて、種子島の土味を活かしたシンプルな作りです。

どこか蹲のような雰囲気があります。


お酒を呑む人がつくる酒器はやはりいいですね。これで呑むと絶対おいしいはずです。



dai

0 件のコメント:

コメントを投稿