2017年6月1日木曜日

山田隆太郎さんの器


ご縁あって、取扱いのはじまった山田隆太郎さんの器のご紹介です。

山田さんは、故青木亮さんの工房を引き継ぎ、現在は神奈川県藤野にて作陶をされています。

GALERIE AZURでは伝統窯の物も扱い、骨董も扱っていますがそのどちらでもない、いわば真逆の器。

新しく、伝統的な産地で作られていない。そういった物にとても興味があり、また青木亮さんの陶芸へのアプローチの脈を引き継いでいる、自分と同世代の作家さんとの出会いは嬉しいことでした。

李朝陶からのベースはありますが、アプローチの仕方が独特です。

人それぞれ違うと言われればそれまでですが、ある程度の作家的ジャンルの括りがあるのも事実で、

数名の陶芸家が、このような轆轤のライン、素材感、そしてわくわくするような新作への期待感を未だ保ち、世代を超え引き継いでいるような気がしています。


刷毛目鉢

飯碗



鉄彩三島鉢





鉄釉七寸鉢
土釉板皿


鉄釉湯呑

刷毛目ガラス釉飯碗


鉄彩三島小皿・白磁杯

土彩急須



鉄彩片口・白泥湯呑

dai

0 件のコメント:

コメントを投稿