2017年5月26日金曜日

濱田庄司 掛分盛絵 壷



絵を描くではなく、土をまた側面にくっつけ、まるでスリップウェアのような模様に装飾しています。

単純に描くことよりもコントラストと立体感が出ており、上部分は藁灰釉と叩きによって模様付しており、どこか唐津に通じるところがあります。

和室でも映えますし、コンクリートの打ちっぱなしの空間にもとても合う作品だと思います。


dai




0 件のコメント:

コメントを投稿