2016年11月2日水曜日

皮鯨茶碗


十三代 中里太郎右衛門作 唐津皮鯨茶碗です。






おそらく山瀬系の土、に石ハゼがあります。
はじめて見ました、こういう十三代の茶碗は。

釉薬がトロッとしていて、形も横に広がっておらずすきっとした印象。

作られた数も井戸や無地唐津などよりだいぶ少なかったのではないかと思います。



とても静かですが存在感ある茶碗です。


dai


0 件のコメント:

コメントを投稿