2016年11月15日火曜日

美濃 安藤雅彦 オリベ展 2





初日、トークショーともに来て頂いた皆さま、有難うございました。

やはり初日二日と売れてしまったので、本日少量ですが追加分が届いています。




織部は特徴的で、形も主張があるので、唐津のように古色をつけたりするのがあまり好きではありません。

けっこう焦げだったり、素地の色を変化させている作品を見ることも多いですが、(その分焼きが甘いんですね)

個人的趣味ですが、ふつうに綺麗に作られている方がすきです。



新陶でいう、桃山=古色っぽいみたいな風潮は、悪くないんですが、もう誰でもやっていますし、
目新しいものではなくなりましたね。


たぶん桃山織部も、今店に並べている作品のように窯から出した時は綺麗だったのではないかなと思います。

唐津でもたぶんピンピンに綺麗だったはず。



古く見せなくても、ベースがしっかりしている作品は目に留まります。


作家さんの種類にもよりますが、こういった作品がもっとスポットを浴びてもいいような気がしています。








dai


0 件のコメント:

コメントを投稿