2016年9月30日金曜日

買い損じ


業者の仲間が、あるそば猪口を持っていました。


それは、本に載っていたもので以前からこれは一味違っていい雰囲気だなぁと思っていました。

目の前にポン、とだされた時は、あぁ、やっぱり雰囲気いいなぁと。



ただ値段が値段。普通の方だとどう考えてもそば猪口に投資する金額ではないのです。

一瞬のうちにいろいろと考え。今月は実はとても買い物をしていたので躊躇し、
本に載っているからといいとは限らないから、と欠点を探しながら一旦家に帰りました。


帰ってからもやっぱりよかったよな、アレ。と自分が手に持ったイメージを想像するとどんどん美化されていき(ただのそば猪口なのに)

やっぱり買おう。とお店に電話。


「あぁ、坂本くんがみたすぐあとにお客さんがみえてね。こういうのは衝動買いだからってぽんと買っていかれましたよ。」




なんたる不覚。


なぜあの時一瞬でこうなることまで読めなかったのか、、


おおきなショックを受けテンションはどん底に下がりました。


もう、今日は何もしたくない、けど、立ち直りは早いです。




たまーに、こういう事がありますね。


なんでもかんでも買えるわけではないのである程度我慢しろということなのか。


じっくり悩むことも必要ですが、スピード感も大事、といってスピード出し過ぎると交通事故起こすこともしばしば。

新陶、骨董限らず、買い物はむずかしいですね。



dai







0 件のコメント:

コメントを投稿