2015年11月10日火曜日

粉引壺


十三代 中里太郎右衛門窯 粉引扁壷




刷毛の感じが残っていて、雰囲気が良い小さ目の扁壷

おそらく現行ではつくられていないような。



壷関連のZINE。murren。

もともとは山のぼり系の冊子みたいですが、今回壺と私というテーマ。



”今”らしい見せ方と自然な壷に対する解釈。

こう、美術館やなんとかギャラリーのように照明がバシーと当たって暗い重々しい中白磁の壺が飾ってあるような感じもとても好きなんですが、

こういう普通の生活の中に溶け込んでいるような壺の飾り方も好きですね。


dai

0 件のコメント:

コメントを投稿