2015年2月24日火曜日

酒器展



先日、おからといぶりがっこを頂いたので、さっそく食べました。

お盆もなく盛り付けも微妙な写真ですが、、
日本酒を飲みたくなりました。。


ということで、

今週末より酒器展です。



一番館イベントページ

Time Out Tokyo様にも掲載させて頂いています。


初の入荷となる、十五代 酒井田柿右衛門先生の酒器、
十二代 中里太郎右衛門(無庵)の酒器揃い、
14代 今泉今右衛門先生の新作。などなど、

唐津 有田より 選りすぐりの酒器を揃えました。

あの先生のこんな新作、当店発入荷の作品など、

すでにお問い合わせをたくさん頂き有難うございます。


以下、今回の酒器展のための有田、唐津買付写真をどうぞ。


有田、清六窯




武雄 丸田さんの窯。

先日出した、奥高麗茶碗の肌とほぼ同じな皮鯨。



朝鮮唐津の片口


息子さんの丸田宗一廊さんの染付。


隆太窯


小さい徳利。窯変の効いた斑。


一合弱ぐらい、


土と焼がとにかくよかった。


膨大な量から少しづつ選びます。寒かったです。中里太亀さんと。



3日間だけだったので、お昼もゆっくり食べる時間がありません。
コンビニのおにぎりを5分くらいで食べながらという感じです。

ラッキーなことにやすけさんのたまご焼をもらったので合間に食べます。おいしい。
東京の方はつく田さんの方を御存じの方が多いかもしれませんが、そこのお兄さんのお寿司屋さんです。どちらも有名ですね。



村山健太郎さんの窯。 眺めがいいところです。


これも、醤油とか、珍味入れにかわいいなと思い。。




三藤さんの窯。




はじめて伺った眞清水さんの窯。朝鮮唐津や斑が綺麗です。



という感じでした。


また直前に各作品の画像をアップしようと思います。


dai

0 件のコメント:

コメントを投稿