2014年10月30日木曜日

十三代 中里太郎右衛門 絵唐津盃




十三代 中里太郎右衛門 作 絵唐津盃 ¥162,000- 共箱


十三代後期の作品だと思います。この形に特徴があり、逢庵銘になってからもこの形で作られることが多かったと思います。

ただ逢庵銘の物は以前ご紹介した物のようにかなり数が限られておりまして個人的には十二代のぐい呑のほうがまだ数がある印象です。


今回ご紹介の物は絵付けのタッチも素晴らしく、色、見込み共に申し分ない一品。

これまで紹介した中でもかなり上のランクだと思います。


dai


0 件のコメント:

コメントを投稿