2014年8月24日日曜日

唐津買付日記2

皆さまこんにちは、

昨夜唐津から戻りました。

愛用のSONY RX100というコンパクトデジタルカメラがまさかの充電切れにより
写真はiPhoneです。


矢野さんが唐津に来ていたのでそのまま名護屋へ。

山の中に行くにつれてスコールが。



いい感じで色々と物色し、11月にある個展の打ち合わせを。



 この刷毛目の黒がとてもいい感じで、なのですが、なかなか柔らかい土らしく焼くとどうしても変形してしまうらしいです。

なんとか11月までに完成できればいいなぁと


ピンボケですが、サイズ感を変更しての黒唐津茶碗。


で、来月に個展を控えている中里太亀さんの隆太窯へ。





今回は平皿FLATシリーズなのです。
DMも完成し、そろそろネットでも画像が公開できそうです。

この台皿もいいです、使いたくなる高さのあるお皿。


隆太窯で久しぶりにヘビを見ました。
黒いやつで、うねうねしていて心臓が止まりそうでした。

車を飛ばして有田方面へ。


人間国宝に認定された今泉今右衛門先生のところへ。

お話を聞き、何点かぐい呑を買いました。

で、次は吉永サダムさんです。



で、吉永さんは色々な種類、粉引や黒、刷毛目など作られるんですが、

個人的に好きなのが泉山の陶石を使った古陶磁系のもの。

きれいな白色になる天草の原料を使う前の陶石です。

割れちゃうんですこの素材。なので唐津の山瀬と同じく大きい鉢とか、瓶とかは不向きで小皿や
ぐい呑が大半になってしまうのですが、これがほんとにいい素材。


この盃、陶石の雰囲気もいいし、吉永さんのシャープな轆轤によりかなり完成度が高い。
そしてリーズナブル。画像もネットでまだ出ていないのでは。

かなりオススメですね。




このあたりも近日入ります。


そして武雄へ。

の前にお昼を。

またラーメンかと、



あの、相当おいしいです。

竹林。よく福岡でかためんとか、ばりかた、とかいいますよね、
その逆で、ゆですぎているのを、ずんだれ、というらしいです。これはあまり知られていなさそうです。


丸田さんの窯へ




好みでした、このあたり。

ひとしきりお話して、また相知へ。

写真が微妙で申し訳ないのですが、
この発色、さすが梶原さんです。

まさに一点ものとはこういうことだなと。
前回こういう上がりのものはなかったですし、今後も同じものはできません。
絶対おいしいですねこれで呑んだら。






番外編で

唐津シーサイドホテルのお昼ごはん
景色がこんな感じなのでオススメ。


カフェルーナという、よく行くカフェで最近始めた頭が痛くならないかき氷。


そして、唐津に帰ったら必ず夜いくワインバーボニート。


ということで、また今回も充実してよかったです。

写真がiPhoneなので多くなりました。といっても前回と同じくらいですかね。

また今日から渋谷でみなさまのご来店をお待ちしています。


dai

0 件のコメント:

コメントを投稿