2013年9月19日木曜日

松濤へ

戸栗美術館へ行ってきました。


浜野さんの作品を見に。




猪口など、形の選び方がいいなと思いました。

お手本があり、ただどのお手本をベースに作るかです。


いやらしくないよがみも。




江戸の染付、柿右衛門、古九谷などいろいろと展示してありましたが、

昔の人は絵が上手です。


今なんでこういう風にできないものかと考えてしまいます。



ただ時代背景的に考えると、色絵など美術館に収まっている物は献上品であったため、
注文され作られたものが多いです。

非常に制限がかけられ、ちょっとでもミスは許されない中作品を作り上げないといけない。

緊張感が違うんですよね。



注文したものもデザインがよく、その当時のお茶人を中心とした注文者。今でいうデザイナーが優れていたと言えそうです。

結局現状ではこういった狙って作られたものが高い評価を得ています。








写真は僕の好きな古九谷の皿ですが、今日美術館で見てきたものと同じぐらいの年代です。



まったくこれの写しは欲しくないのですが、

この絵付けのメリハリ感。バランスから出る空気の様な物が好きで、よく同じような年代の物を見に行っていました。



個人的に今の作家さんには、できればこのようなバランス感覚を写してほしいのが本音です。



結局、そこにあるものをそっくりそのまま写しても、そんなことがしたかったのかな、

土を昔の物と一緒の物を使って、ほら土がいいでしょ、と言われても何か、「はいそうですね」で終わってしまうんです。僕の場合。


感覚を写すということは難しいことですが、そこに重きを置いた作家がもっといてもいいのではと思うこのごろです。


現状ではなかなか同感してくれる人も少ないですが、

出会う陶芸家とも縁ですので、こういった話をまた懲りずにしていこうと思います。





dai



0 件のコメント:

コメントを投稿