2013年1月9日水曜日

新年

新年明けましておめでとうございます。

本年度もGALERIE AZURをどうぞよろしくお願い申し上げます。


年末年始はというと、普段から来ていただいているお客様や、東京に帰省のお客様も多く、楽しくギャラリーで焼き物の話などで盛り上がっていました。


「いつも良いものをありがとう」と言ってくださったり、「あの徳利はすっごくよかったよ」と言って頂けると私も非常にうれしく思い、

今年も、良いもの、買って頂いた後でも長く満足して頂けるものをご紹介できればと思っている次第です。


ということで、新年一回目のblogですが、


まずご紹介するのはこちら。



中里重利 作 奥高麗茶碗




この茶碗もそうですし、楽の茶碗などもそうですが、側面から見た印象と見込みを見たときの印象が違います。

これは腰から胴にかけての轆轤形成の際、若干ですが薄く引き、そのあとは自然に土を立ち上がらせることによって、見た目は小さく、しかし見込みを覗くと大振りに感じるよう作られています。


楽はさらに高台が触ると割れるのではないかというぐらいに華奢で、そのギャップがなんとも上品さを醸し出すので好きなのですが、

この茶碗もそのような雰囲気が感じられます。


質感は、すでに若干の古色が付けられており、やりすぎておらず、ここから使い込んで完成といった感じでしょうか。

奥高麗の質感も種類が多いのですが、これはなかなか文章では表現しずらいですね。


いかにも奥高麗をそのままコピーしました、おんなじよう土をつかって、これを使って、ということではなく、一つの茶碗を見ても様々なテクニックが凝縮され、これでどうだ!というような全面に技術をひけらかすこともなく。

あくまで静かに。品格を大切に。 


一見ただけだと分からないですけれど、使っていくうちに良さが分かっていく茶碗なのではないかなぁと思います。



一月はこの茶碗をメインに、「唐津 茶陶展」をGALERIE AZURで開催します。

期間は1月19日~27日までです。


また期間が近づきましたら告知しようと思います。

今日はこのへんで。


















0 件のコメント:

コメントを投稿