2013年1月22日火曜日

茶陶展2

皆さまこんばんは。


更新しようと思いつつ、こんな時間になってしまいました。


最近お客様から、「これの茶碗って、なんのデザインなの?」と言われることが結構あります。


多かれ少なかれ、というか大多数と思いますが、現存の作家がつくる茶碗には元になっている茶碗のデザインがあります。

それを今日は作品紹介と交えてご紹介したいと思います。


作家本人が言っていたわけではないので、あくまで予想です。




これから


 丸田宗彦 唐津皮鯨茶碗


皮鯨ではありませんが、この碗なりな形と、若干高台が広がっている感じ。(たまたま手元にあった古唐津の図録より。)




次はこれ

 三玄窯 唐津茶碗


高台の削りの高さが見事に一致していますね。



中里嘉孝 絵唐津沓茶碗



中里嘉孝 絵唐津茶碗


これは、この下の古唐津の茶碗よりも小さめに作っています。ただ、ロクロの立ち上がりが少し急に見えるかもしれませんが、実際見込みはふわっと楕円形というか、腰のあたりが広くとっており、見る人が、「なにか、実際手に取って見たら大きく感じる」とおっしゃっていました。

小さく見えて、実際大きい。不思議ですね。
今回出展している作家の中でも、この作り方は中里重利、嘉孝親子だけです。




中里重利 作 絵唐津沓茶碗 


この茶碗、別に安売りしているわけでもなんでもないですが、価格は\23,1500-。
相場価格をご存知の方はちょっと驚かれるかもしれませんね。ちなみに先生の新作です。


中里重利 朝鮮唐津手付鉢




そうそう、これなんですが、中里太亀先生の絵唐津茶碗。


写真より実物はよっぽどいいです。高台が高めだったのでバランスがよく、この焼き上がり。いい感じです。お値段 \73,500-。


西岡小十 朝鮮唐津茶碗  


西岡小十先生の茶碗の中でもオーソドックスな朝鮮唐津。少し緑がかった斑釉の流れもきれいです。お値段 \294,000-


朝鮮唐津流れで、竹花先生の花入れです。

作品名は徳利ですが、明らかに花入れサイズです。

竹花正弘 朝鮮唐津徳利


釉薬の調子がやっぱりいいですね。こだわりの叩き作りです。¥42,000-



そして、茶陶展なんですが、酒器類もたくさん入荷しているという、、、


矢野さん、岡本さん、丸田さんのぐい呑などなど、今日到着。

明日開けて飾る予定です。

お時間ある方はあじゅーるに見に来ていただけたらと思います。



いろいろ紹介しましたが、

実は、今年はもっとblogを充実させたいなぁという思いがあります。

写真をたくさん載せて、できるだけ渋谷に来れない方々にも見て頂きたいという思いです。



もちろんネットショップを充実させればいいのですが、そちらはそちらでまた新たなことを考えておりまして。

展覧会中はblogで、できるだけリアルタイムでたくさんの方に見て頂きたいですね。
(目標は展示作品を全部載せたい、のですが。ただその中でもこれはというものを載せたい。)

商品のお問い合わせ等は電話やメールなど、いつでもお待ちしています。



それでは今日はこの辺で。










0 件のコメント:

コメントを投稿